野平 美紗子(11回)
「私はデジカメを手に近所を散歩しながら俳句を作っています。」

※以前の作品はこちらから
 
平成28年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月  
平成27年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成26年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成25年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成24年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成23年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成22年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成21年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 
   
山茱萸や花小さくとも黄金色
山茱萸や花小さくとも黄金色

山茱萸(さんしゅゆ) 

神社の一角に咲いていた山茱萸です。
中国・朝鮮半島から渡ってきた木とのこと。
黄金色の小さな花が枝先に光っていました。

 

2014/3/22

 


   
この一樹まるごと真白花李
この一樹まるごと真白花李

花李(はなすもも) 

彼岸の過ぎた頃、急に暖かくなった時、李が一晩で真っ白に開花しました。その見事さに驚きました。

 

2014/3/29

   
天界の母に見せたや花の雲
天界の母に見せたや花の雲

岩槻城址公園の桜 

この城址公園は、その昔太田道灌が築城したお城(白鶴城)があった所です。
岩槻はお雛様で有名な所ですが、今年はここへお花見に出かけました。
見事な桜を観て回るうち、母をここに連れてきてあげたかったという思いを深くしました。

2014/4/1

   
菜の花や彼方に揺らぐ新都心
菜の花や彼方に揺らぐ新都心

新都心 

荒川の広い河川敷を散歩しました。
野生のからし菜の花の向こうに見えるビル群は、政府の機能の一部が引っ越してきたことから「新都心」という名の付いた駅のある場所です。
それが陽炎のように揺らいで見えました。

2014/4/2

 

   
苔の溜めた雫びっしり春の朝
苔の溜めた雫びっしり春の朝

苔の雫(しずく) 

夜来の雨が上がって清々しい庭にでた時、紅葉の植木鉢の苔のこんな様子が目につきました。
春らしい朝の一場面です。

2014/4/4

  
誰が命瓦礫に赤きチューリップ
誰が命瓦礫に赤きチューリップ

チューリップ 

大震災後、三年余が経ちました。
庭に赤いチューリップが咲いたのを見た時、ラジオで聞いた体験談が思い出され、その話から想像して作った句です。

2014/4/5