野平 美紗子(11回)
「私はデジカメを手に近所を散歩しながら俳句を作っています。」

※以前の作品はこちらから
 
平成28年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月  
平成27年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成26年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成25年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成24年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成23年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成22年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成21年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 
   

尻に花つけて胡瓜の採られけり

胡瓜(きゅうり)の花

わが家の家庭菜園では、夏野菜がいろいろと採れるようになってきました。
胡瓜も毎日取れますが、たまには小さなうちに採って味噌をつけて食する「もろきゅうり」もいいものです。そんな時は花がまだ残っていることがあります。   

11/7/24

   

夏の蝶花に寄ったり離れたり

夏の蝶

当地の畑によく咲いている「荒地花笠」という薄紫の花には、この黄色の蝶がよく飛んできます。夏の蝶は動きが激しいのですが、やっとものにしました。

11/7/24

   

空蝉の脱ぎ捨てられし葉裏かな

空蝉(うつせみ)

万両の可愛い花が咲きました。その葉の裏で蝉の脱皮があったようです。
もう少し早起きしてたら脱皮の様子が見られたかもしれません。

11/7/25

   

かすかにも電車の音や花木槿

木槿(むくげ)

木槿が先端に三つ咲いていました。
一日で萎れてしまう儚い花です。
遠くでかすかに電車の通る音がしました。

11/7/28


   

夕されば筏に軽鴨の子勢揃ひ

軽鴨の子(かるのこ)

近くの水の調整池が整備され、カルガモが子育てをしていることを聞きました。
夕方、その池に行くと5,6人がフェンス越しに池の様子を見ていました。お目当てはこの親子です。
既に泳ぎ疲れたのか、母親に並んで、5羽の子が筏に載っていました。池の人気者です。


11/8/5


   

朝顔の色誉められる朝六時

朝顔

早朝ウォーキングの人の声でしょうか。通りすがりに朝顔の赤い色を誉める言葉が聞こえました。
八月になり漸く咲き出したばかりです。 

11/8/8