野平 美紗子(11回)
「私はデジカメを手に近所を散歩しながら俳句を作っています。」

※以前の作品はこちらから
 
平成28年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月  
平成27年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成26年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成25年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成24年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成23年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成22年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成21年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

 

 
   

灸花絡むフェンスの飾り花

へくそかづらの花

「へくそかづら」のことを別名「灸花(やいとばな)」と言うようです。
どこにでも絡んでいる野草ですが、葉と茎が臭いことから、可哀そうな名がついています。でも、花はこんなに可愛いくて、絡んだフェンスを飾っています。  

10/8/9

   

苦瓜の赤き実ついに弾けたり

ゴーヤの実

この暑さの中、今年はあちこちでゴーヤ(苦瓜)の涼しいカーテンが見られました。ゴーヤの青い実は苦いのですが、栄養があるとかで、私も何度か食べました。食べ切れないで放置された実は、だんだん色付き、こんな風に裂けてぶら下がっていました。実の朱色が目を引きます。    

10/8/12

   

暑き夕豊かに揺れる白蝶草

ガウラ(白蝶草)

この酷暑で、どの花も萎れたり枯れたりが多い中、この花だけが夕風にさわさわ揺れて涼し気に咲いていました。もう、花は盛りを過ぎた様子でしたが、白い蝶の草とはよく名付けたものですね。     

10/8/16

   

白槿日がな一日空見上げ

白槿(しろむくげ)

記録的な炎暑の毎日。しかも雨が少しも降りません。この花も天を仰いで雨を欲しがっていたのでしょう。上を向いて咲いていました。  

10/8/31


   

よじ登り時刻見に来る蟻一匹

時計草

上方の花びらに蟻が一匹いて、時計を見ています。この花を写した時刻は多分11時頃でしたから、この蟻は時刻を見て、蜜を吸って帰ったと思います。    

10/8/31


   

花仙人掌寝苦しき夜が明けにけり

仙人掌(さぼてん)の花

季節は秋なのに、寝苦しい熱帯夜の続く毎日です。この仙人掌は夜明けに咲くと聞いていましたので、夜が明けて薄暗くなった頃写しました。大人の拳くらいの大きな花です。
ところが、明るくなったら一気に萎んでしまいました。はかない命の花です。

10/9/2