野平 美紗子(11回)
「私はデジカメを手に近所を散歩しながら俳句を作っています。」

※以前の作品はこちらから
 
平成28年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月  
平成27年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成26年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成25年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成24年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成23年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成22年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平成21年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

 

 
   

ペチュニアや色目に染むる夏花壇

ペチュニア

6月13日、しらはぎ会総会に出席しました。会場が、元城小学校(母校)の近くでしたので、帰りに昔の面影を探しながら散策しました。
市役所の前には素晴らしい花壇があり、色とりどりの花が咲き乱れていましたが、その中の一つです。
この辺りは私の少女時代とはすっかり変わってしまっていました。昔の少女の私を知っている人なんてどこにも居ません。そんな思いを胸にこの花を眺めました。

10/6/13

   

木苺に今は昔の話あり

ラズベリー(木苺)

わが庭では、今 ラズベリー(木苺)の真っ盛り。「木苺」という言葉に思い出すことがあります。
もう60年余り前のことですが、元城小学校の向かい側にちょっとした丘がありました。浜松城跡の城山だと思いますが、今は見当たりません。
放課後、そこに登って木苺を一杯口にしたことを思い出します。
そこに生えていた木苺と写真のラズベリーとはちょっと違うようですが、この甘酸っぱい実を口にすると、あの当時の生活と、いつも自由に遊べた懐かしい小学校時が甦ってくるのです。 

10/6/23

   

今様の百合とて香り忘れをり

すかし百合

すかし百合は品種改良によって作られた百合だそうで、最近、あちこちの庭に見られるようになりました。
不思議なことにこの百合は、本来の百合特有の芳香がほとんどありません。
どこかに忘れてきたようですね。   

10/6/17

   

紫陽花や色を尽くして咲いてをり

紫陽花(あじさい)

梅雨時の花はなんといっても紫陽花ですね。
曇り空の下、赤ちゃんの顔ほどの大きさに青く咲くこの額紫陽花。
ほかにもボールのように球状に咲くものや、紫、白、ピンクなど色もさまざま。
雨に濡れた紫陽花は艶があって、さらに素敵です。        

10/6/17


   

逃げもせず田に羽繕ふ通し鴨

通し鴨

わが家から百メートルほど離れた所に田があります。今は稲が育って青々としてきました。
その畦道を通るの大好きなのですが、ある日写真のような情景を目にしました。
この地を好み、一年中通して滞在する鴨です。
田の草を啄ばんでは羽繕いして休んでいました。写真の4羽は親子でしょうか?それとも兄弟でしょうか? 

10/6/22


   

薔薇の園残りの一花ありにけり

残りの薔薇

もう季節外れとは思ったのですが、近くのバラ園まで散歩しました。咲き残りの中から幻想的に咲くこの花を見つけました。
人生も残りの方が美しかったり、面白かったり、味があったり、とは思いませんか?

10/6/25